フランチャイズ

◆フランチャイズ◆新店舗での新規開業をお考えの方


ネイルサロン,フランチャイズ,低価格

個人で新店舗開業したい

ネイル市場は年齢・性別を超えて広がっており、日本のネイル産業は、ここ4~5年で急激に拡大しています。 ネイルサロンも全国で約8,000軒。商材の進歩で高い客単価を確保しつつ、わずかなスペースで高収益が望めるサービスとして 様々な施設に導入されはじめた。ネイルは若い女性がするものという従来のイメージから、中高年女性、男性、子供、さらにはペットにまでターゲットを広げています。 また、夏場や12月に強い季節ビジネスから比較的閑散とする秋や冬にも安定的に顧客が通う通期ビジネスへ移行しつつあり、個人での低リスク開業モデルとして今後も注目されています。

気軽に自宅でプチ開業・プチ独立したい

新店舗ではなく、ご自宅の空いているスペースを使い、プチ開業・プチ独立する方が急増しています。しかし、思うように集客が望めなかったり、経営面で挫折するケースが少なくありません。espoirなら、そんなお悩みを一気に解決できます。ご自身のスキルを十分に生かしながら、新規顧客を積極的に獲得できる、環境作りを一からお手伝いいたします。加盟金・店舗取得金についてもお気軽にご相談ください。

企業で新規事業として考えている

ネイルの本場アメリカでは、市場規模が約1兆円、サロン件数は60000軒。ネイルは多くの人の日常生活に浸透しており、 美容室感覚で月に1~2回は行くという人もいます。 客単価は約2000~3000円と安いので、爪の手入れはサロンで行うというのが常識になっています。 一方、日本の市場規模は約1000億円。アメリカとは約10倍の開きがあり、まだまだ発展途上の市場です。 アメリカでは男性のビジネスマンもネイルを行い、日本でも握手や名刺を渡す際に手を気にする男 性は増えてきています。政治家など一部ではネイルケアを行っている人もいる程です。アメリカの市場は数年後に日本の市場に広がるのは他の市場も同じです。 ネイルサロンは非常に利益が高く、大変坪効率が高いビジネスといえます。アメリカをお手本に、今後も市場拡大は確実です。 エスポアールでは法律事務所と会計事務所が提携のため、債務を整理等のお手伝いや会社運営のご相談にも対応可能です。

ネイルサロン・ヘアサロンを独立・開業したい方

美容室にネイルを併設するとネイルによる売上げの上積みばかりでなく、相乗効果により、ヘアー自体の売上げもアップすることが可能です。また、最近は、ジェルネイルなどの導入により、単価もヘアーよりもあがっています。

アパレル等女性向け店舗に取り入れサロンの多角化を目指したい

アパレル等の女性をターゲットとしたビジネスとも非常に相性がよく、相乗効果が見込めます。店舗の空きスペースがあればネイルサロンの開業は可能です。 空きスペースでの開業は初期投資も最小限に抑えることができ、早期回収が可能です。

収益シュミレーション(技術者が経営する場合)

ネイルサロン,フランチャイズ,収益シュミレーション



※このシュミレーションの場合、純利益の70万円が経営する技術者の給料となります。


◆Contents

◆リンク集